名称
真言宗
金剛山 遍照寺 常住院
通称  ごまん堂
〒640-8336
和歌山市柳丁1丁目1
TEL:073-422-8809
FAX:073-436-4462

お問い合わせはこちら

轉法輪 真言宗のお勤め new
真言宗の勤行
続きを見る
真言宗 久世観音集
真言宗 高野山
轉法輪 ペット法要・愛玩動物供養 NEW
ペット供養
続きを見る
転法輪 真言宗の金鉱
住職ブログ

続きを見る



仏像

常住院には、秘仏不動明王をはじめ、和歌山西国33観音霊場15番の十一面観音、密教の根本尊である大日如来、開祖御大師様を安置しております。
大日如来 大日如来
大日如来 ご真言
金剛界 おん ばざらだと ばん 
胎蔵界 のうまく さまんだぼだなん 
    あびらうんけん
密教の根本尊である大日如来は摩訶毘盧遮那(マカビルシャナ)の訳で、その発達した形態。
宇宙の全てを仏格化し、色も形も超越した絶対的な 仏、諸仏の根本の仏として位置づけらています。そ れを表現する為に、何も装飾を身につけないという如来の約束を破って、五仏の宝冠や瓔珞・腕輪(腕 釧)などの飾りを身につけて、一見菩薩の姿のよう に華やかな姿で表す。





秘仏 不動明王 秘仏 不動明王
不動明王ご真言
のうまく さんまんだ ばざら だん せんだ
まかろしゃだ そわたや うんたらたかんまん
 
不動明王は悪いものの因縁をから断ち切るために剣を持ち悪人を縛るために手綱を持ち天と地をみて罪穢れを断ち切る。その心は母の様に慈悲に満ち溢れている。
 
制多迦童子
不動明王の右(向かって左)に配置される。
密教の根本尊である大日如来の化身、内証(内心の決意)を表現したものといわれてます。


和歌山33観音霊場 15番 十一面観音 十一面観音
十一面観音ご真言
おん まか きゃろにきゃ そわか

喜怒哀楽の上に四方八方を見渡し阿弥陀如来の頭がのっかり、菩薩の身でありなから如来になるために日々精進している仏様であり、艱難辛苦という言葉があることから、共に乗り越えられるだけの苦を与えて引っ張り上げてくれる仏様です。

当寺院の観音様は、和歌山三十三観音霊場15番札所の有難い観音様です。








開祖 弘法大師 空海 真魚  空海 弘法大師
ご真言 南無大師遍照金剛
なむたいしへんじょうこんごう

真言宗の開祖 弘法大師の像です。
不動明王  位牌棚 不動明王(掛け軸)







位牌棚 永代供養 無縁 共同供養 左から
観音様、
阿弥陀三尊、
不動明王、
大日如来、
御大師様、他





納骨堂不動明王 納骨堂安置 不動明王












不動明王(作者不明・年号不明)  
釈迦開眼図(作者不明・年号不明)

お大師様(作者不明・年号不明)







四国八十八番外二十霊場 お姿・お砂踏み・御詠歌  四国八十八ヶ所 お姿・御詠歌・お砂踏み
お砂踏みとは 四国遍路に行きたくても行けない人の為 砂を踏み お姿に手お合わす事によって四国遍路に行ったのと同じ ご利益が有ると言われています。
お姿の横に 御詠歌(仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌)も添えて居ますので 教えを身近に感じれると思います



       



Copyright(C)