HOME > 寺宝
当寺院の寺宝について一部を公開しています。

仏像

空海像 開祖 弘法大師坐像 
秘仏不動明王
 秘仏 不動明王立像童子像       
十一面観音
 和歌山西国15番 十一面観音像
大日如来 大日如来像

四天王
 元々常住院にあった大きなくすの木を切り、仏師の方に彫って頂いた、四天王で現在、当寺院の壇の四神(東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天)[1]。四大王(しだいおう)で安置しています。
持国天 - 東勝身洲を守護する。乾闥婆、毘舎遮を眷属とする。
増長天 - 南贍部洲を守護する。鳩槃荼、薜茘多(へいれいた)を眷属とする。
広目天 - 西牛貨洲を守護する。龍神、富単那を眷属とする。
多聞天 - 北倶盧洲を守護する。毘沙門天とも呼ぶ。原語の意訳が多聞天、音訳が 毘沙門天。夜叉、羅刹を眷属とする。

八僧大師

空海画
壇を両方には、八層大師様が書かれております。
不動明王軸 
 不動明王掛軸      
四国八十八所軸
四国八十八カ所 お軸+お砂踏み
タイの仏像
タイ仏教界 寄贈 (現在 当寺院執事 平松家にて安置)

 タイ仏教界との繋がりは深く、多くの僧侶の方がご参拝して頂いております。
タイ 僧侶









 
 タイ仏教界 キッサダ住職
 


 

お問い合わせはコチラへ!

真言宗 和歌山 金剛山 遍照寺 常住院-和歌山市
電話番号: 073-422-8809 
FAX番号: 073-436-4462
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る